利用料金

青い熱帯魚

初期費用

水槽リースを行っている専門業者によって、提示している利用料金は異なります。
依頼をして実行する時には初期費用が必要です。
初期費用はリースする期間によって異なるでしょう。
リースというのは、最初から購入するよりも割安に水槽を利用する事が出来るものです。
30万円掛かる水槽を月額5千円でリースし、5年間続けて、ちょうど30万円に達した後は、月額リース料金が掛からず自分のものになるのです。
分割払いのようなものと考えると分かりやすいでしょう。

月額リース料金

水槽をリースする場合は、その期間中、月額でリース料金を支払う必要があります。
その月額料金は、水槽のサイズによって異なります。
リースではなくレンタルを選ぶ事も可能ですが、レンタルの場合は初回に設置料金が掛かります。
設置料金は月額レンタル料金の数カ月分となるでしょう。
リースであればそういった設置料金を必要する事無く、気軽に利用できるというメリットがあるのです。

メンテナンス料金

水槽を長年使用していると、さまざまな事が原因で修理を必要とする事があるでしょう。
専門業者は、そういった時のサポートもしっかりと行ってくれます。
その為に必要なメンテナンス料金を月額料金に含めている業者もあります。
業者によっては、そのたびにメンテナンス料金を頂いているところもあるでしょう。
水槽で飼う魚は生き物なので、生きている内は餌を必要とします。
消耗品となる餌を購入する事で費用が増します。